「B1の夢」実りファン歓喜 バスケ福岡 「支えた歴史が、今日のこの日に!」 [福岡県]

B1昇格を決めたライジングゼファー福岡の選手たちとハイタッチして喜ぶファン
B1昇格を決めたライジングゼファー福岡の選手たちとハイタッチして喜ぶファン
写真を見る

 バスケットボール男子のBリーグ2部・ライジングゼファー福岡が初の1部(B1)昇格を決めた13日のプレーオフ準決勝第2戦。福岡市博多区の市民体育館には2208人が詰め掛け、勝利の瞬間、ユニホームやグッズなどチームカラーの青で染まった観客席は歓喜と涙に包まれた。

 勝てば昇格が決まるとあって「きょうはスタートから選手の気迫がすごかった」と福岡市東区の介護士女性(36)が振り返ったように、福岡は前半で対戦相手のファイティングイーグルス名古屋を突き放し、その勢いで押し切った。

 終了直前、勝利を確信し立ち上がる男性や号泣する女性も。試合後には早速「昇格おめでとう」の横断幕が掲げられた。

 前身のbjリーグ参入時から応援しているという同市中央区の会社役員女性(65)は、チームが混乱したBリーグ発足時には支援を求める署名活動にも関わった。「選手、スタッフ、ファンが支えた歴史が、今日のこの日をつくった。思いがこみ上げてきた」と涙ぐんだ。社会人チームで自身もプレーしている北九州市の会社員山下聡さん(30)は「B1には強敵や有名選手がいるし、福岡がどれくらい通用するか楽しみ。もっと試合を見に来たい」と来季を心待ちにしていた。

=2018/05/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]