ショーで熊本地震被災地支援 福岡市の「レイナ」が益城町に寄付 [福岡県]

青をメインカラーにした作品などを紹介した「チエ イマイ」のファッションショー
青をメインカラーにした作品などを紹介した「チエ イマイ」のファッションショー
写真を見る

 毛皮ブランド「CHIE IMAI」(チエ イマイ)を展開するレイナ(福岡市)は10日、福岡市でチャリティーファッションショーを開いた。収益の一部を熊本地震で大きな被害が出た熊本県益城町に寄付する。

 1980年から続くショーを東日本大震災が発生した2011年からチャリティーショーに切り替えて開催。16年からは熊本地震の被災地に寄付をしている。今回は前身の「ロイヤル チエ」からブランド名を変更して最初のショー。ブルーベリーをイメージし、青を前面に出したジャケットやワンピースなど52点の新作を紹介した。

 ショーには益城町の向井康彦副町長も出席し「町民が元気を頂き前向きな気持ちになる」と感謝した。レイナの今井千恵代表は「支援を続けていくことが大事」と強調した。

=2018/05/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]