志免町のひさや酒店に優秀賞 17年度県屋外広告景観賞 内外装に高い評価 [福岡県]

ひさや酒店の前で受賞を喜ぶ久継良一社長(左)と高範専務
ひさや酒店の前で受賞を喜ぶ久継良一社長(左)と高範専務
写真を見る

 志免町別府の「ひさや酒店」が、2017年度の県屋外広告景観賞で優秀屋外広告景観賞に選ばれた。

 ひさや酒店は1978年創業。地酒と地焼酎の専門店で、全国に顧客がいる。審査では、店の内外装全体が「店の歴史や顧客への思い、商品への思い入れがにじみ出るように表現されている」と最優秀に次ぐ評価を得た。

 久継良一社長(72)によると、2年前に建て替えるときに「地域のシンボリックなものにしよう」と、設計士と2年かけてデザインを話し合った。久継高範専務(36)は「受賞は店が地域に認められたようでうれしい。これを機に若い世代にも良い酒を飲んでもらえるようにしたい」と喜んだ。

 県屋外広告景観賞は、まちなみや自然景観と調和した屋外広告物を表彰する。17年度は129件の応募があり、福岡都市圏では福岡市中央区の福砂屋赤坂店と博多区の中洲二丁目屋台も屋外広告景観賞に選ばれた。

=2018/05/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]