ゼンリンが糸島市と協定 災害に備え住宅地図提供 [福岡県]

協定で提供された住宅地図や広域地図
協定で提供された住宅地図や広域地図
写真を見る

 糸島市と地図大手「ゼンリン」(北九州市)は4日、災害時に備えて地図を市に提供するなどの協定を締結した。同社が県内で協定を結んだ自治体は糸島市で45カ所目。昨年の九州豪雨では朝倉市との協定で提供された地図が不明者の捜索に役立ったという。

 協定で市に前原と二丈・志摩の2地区の住宅地図を各5冊ずつ、市全体の広域地図を5部提供し、パソコンからインターネットで閲覧できる権利も供与する。

 月形祐二市長と協定書に署名した同社の和田滋・九州第一エリアグループ長は「安心安全なまちづくりに寄与する地図を作っていきたい」と話した。

=2018/07/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]