浴衣で打ち水「涼しくなあれ」 JR博多駅前 [福岡県]

涼しげに打ち水をするミスジャポンの女性ら参加者たち
涼しげに打ち水をするミスジャポンの女性ら参加者たち
写真を見る

 昔ながらの打ち水で涼を呼ぶイベント「博多ひ~んやり! 打ち水」(博多まちづくり推進協議会、福岡市主催)が19日夕、同市博多区のJR博多駅前広場であった。浴衣姿の女性ら約300人が、ひしゃくや洗面器で水をまいた。

 「打ち水は風呂の残り湯などを使うのが作法」(主催者)といい、区内の温泉施設「万葉の湯」が二次利用水300リットルを提供した。10年目の今年は風鈴も登場。チリンチリンと涼しげな音色が響く中、着物文化のPRレディ「ミスジャポン」の女性や近隣企業の社員、飛び入り参加の通行人たちが打ち水を行った。参加者や駅利用者は「ちょっと涼しくなった」と喜んでいた。

=2018/07/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]