那珂川市制祝い五ケ山マラソン 11月25日、ウオーキングと合わせ 参加賞は町の木「ヤマモモ」の商品 [福岡県]

五ケ山クロスマラソンへの参加を呼び掛ける実行委メンバー
五ケ山クロスマラソンへの参加を呼び掛ける実行委メンバー
写真を見る

 那珂川町が10月に「那珂川市」となることを記念し、「五ケ山クロスマラソン」(町体育協会主催、町など共催)が11月25日、町内の那珂川上流に完成した県営五ケ山ダム周辺で開かれる。参加者を受け付け中で、主催者は「市制施行とダム完成という二つの『記念』を含む大会を楽しんで」と呼び掛けている。

 陸上愛好家から「何か記念の行事を」と声が出て、昨秋に準備委員会が発足。町や体協の協力を得て、2月に「五ケ山湖畔マラソン実行委員会」(日下部俊明委員長)が誕生した。体協や商工会、走ろう会、アスリートクラブなどのメンバーで構成し、準備から本番まで実務を担う。大会名の「五ケ山クロス」は、町が付けたダム周辺の愛称。

 「全くゼロからのスタート」(実行委)とあって、参加受け付けが始まった現在もPRに躍起。今月25日夜の会議では「行きつけの居酒屋にポスターを貼ってもらおう」「駅で通勤通学者にチラシを手渡ししたら」と、手作り感あふれる意見が出された。

 大会は午前8時から受け付け、同9時半から開会式。種目はタイムを測定するマラソンの10キロ男女(高校生以上)、5キロ男女(同)、2キロ男女(中学生以上)と、測定しない健康マラソン(2キロ、小学生以上)、ウオーキング(5キロ)。ダム堤体の上がスタート、ゴールで、国道を除くダム周回道路をコースとする。

 参加費はマラソン10キロと5キロが一般3千円、高校生2千円で、2キロが一般2500円、中高生1500円。健康マラソンとウオーキングは1人千円。

 町商工会女性部が開発中の町の木「ヤマモモ」を使った商品を、参加賞としてプレゼントする。全体の定員は千人で先着順。ホームページからの申し込みのほか、申込書の郵送、持参でも受け付ける。実行委は大会を支えるボランティアの参加も受け付けている。町民体育館内の実行委=092(953)2112(平日午前8時半~午後5時)。

=2018/07/31付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]