都心に咲く大輪6000発 大濠花火大会 [福岡県]

色鮮やかな花火が夜空を彩る西日本大濠花火大会=1日午後、福岡市中央区(多重露光)
色鮮やかな花火が夜空を彩る西日本大濠花火大会=1日午後、福岡市中央区(多重露光)
写真を見る

 「第56回西日本大濠花火大会」(西日本新聞社、おおほりまつり振興会主催)が1日、福岡市中央区の大濠公園で開かれた。約6千発の大輪が、都心の夜空に咲いた。

 この日の同市の最高気温は34・9度。まだ暑さが残る午後8時に打ち上げが始まり、赤や青、黄色のまばゆい光に、浴衣姿の若者や家族連れなど約43万人が酔いしれた。

 小学2年の娘と訪れた福岡市西区の境井鮎美さん(36)は「大濠の花火は近くで見られて、連発も長く続くのが魅力ですね」と声を弾ませていた。

=2018/08/02付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]