福岡市は夏休み延長せず 全市立校・園 エアコン設置踏まえ [福岡県]

 猛暑による熱中症対策のため、文部科学省が全国の自治体に夏休みの延長も検討するよう求めていた件で、福岡市教育委員会は17日、当初の予定通り2学期を始業することを決めた。福岡市はすべての市立学校・幼稚園の普通教室にエアコンを設置済みであり、「健康への影響は限定的」と判断した。

 市教委はこの日、全市立学校長・園長に対し夏休みを延長しない方針を通知した。その上で、9月以降も平年並みか高い気温が続く見通しのため、熱中症を予防し子どもの命を守る対策に万全を期すよう指示。登下校時に気分が悪くなれば周囲の大人に助けを求めるよう指導▽始業式の時間短縮や体育館以外での実施、校内放送の活用▽スポーツドリンクや経口補水液の持ち込みを柔軟に容認▽屋外授業や休み時間については暑さ指数を基に判断-などを挙げた。

 福岡市の2学期の始業式は、小中特別支援学校が今月27日、幼稚園と高校が9月3日となる。

=2018/08/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]