箱崎の記憶九大生刻む 街の変遷 店主らに取材 放生会で成果報告、書籍化も [福岡県]

「はこざき駅前食堂」の店主にインタビューする高嵜浩平さん(左)と木田橋奈波さん
「はこざき駅前食堂」の店主にインタビューする高嵜浩平さん(左)と木田橋奈波さん
写真を見る

 九州大のキャンパス移転が今月内に完了するのに伴い、同大の学生有志でつくる「箱崎九大記憶保存会」が、現在の箱崎キャンパスがある福岡市東区箱崎の街並みや暮らしの変遷を記録している。これまで学生の衣食住を支えた店へのインタビューや住民を招いた座談会を開催。大学近くの筥崎宮で12日開幕した放生会(ほうじょうや)に合わせ企画展も始めた。百余年の歴史の最後に立ち会う学生たち。思い出が染み込んだ街の風景を記録にも、記憶にも刻む。

 保存会は2007年設立。箱崎など学生の生活圏を対象に、街並みの写真や動画撮影、商店主らへの聞き取りなどをしている。同市中央区六本松の六本松キャンパスが移転した09年に活動はいったん途絶えたが、箱崎移転が目前になった16年に本格的に再開した。

 現在のメンバーは約10人。代表の九大大学院1年の高嵜(たかさき)浩平さん(23)と、九大文学部3年の木田橋(きだはし)奈波さん(21)は今夏、箱崎で取材活動に取り組んだ。JR箱崎駅前の不動産会社では、学生向け物件を20年以上扱う担当者に昔と今の学生の違いを取材。「昔はアパートでマージャンをして騒いで近隣住民に怒られていたが、今はパソコンで静かに遊んでいる」「銭湯は学生と住民のコミュニケーションの場だった」…。昭和をほうふつとさせる思い出話に2人は聞き入った。

 近くの「はこざき駅前食堂」も取材。サークル活動やコンパに利用された集会所「三畏閣(さんいかく)」の木材を再活用した店のデザインにも興味深くペンを走らせた。木田橋さんは「学生と住民の親密な関係がよく分かる」と目を細める。

 会は今春、下宿を営んでいた住民の座談会や聞き取りを冊子にまとめ、年内を目標に数十人の聞き取りなどを収録して書籍化する計画だ。放生会の期間中(12~18日)は、筥崎宮近くの「戸部田はきもの店」の店頭を借り、取材結果のパネルを展示、冊子のサンプルを配布する。高嵜さんは「生活の移り変わりを残したい。不便でも人のつながりが強かった昔を掘り起こすことで、今の生活を見直すきっかけになれば」と話す。

=2018/09/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]