大相撲九州場所を親方6人がPR 福岡市役所を訪問 [福岡県]

福岡市役所を訪れ、九州場所をPRした境川親方(左)
福岡市役所を訪れ、九州場所をPRした境川親方(左)
写真を見る

 11月11日に福岡市博多区の福岡国際センターで初日を迎える大相撲九州場所を前に、日本相撲協会の担当親方6人が13日、福岡市役所を訪れ九州場所をPRした。

 九州場所の担当部長を務める境川親方(元小結両国)はあいさつで、昨年の九州場所が21年ぶりの15日間全て「満員御礼」だったことに触れ「今年は15日間完売を目指すのでご協力よろしくお願いします」と述べた。応対した貞刈厚仁副市長は「福岡のみならず西日本各地から相撲ファンが訪れる。市としてもさまざまな手段でPRしたい」と答えた。

 懇談では、県内出身の琴奨菊関や松鳳山関の活躍や、横綱稀勢の里関の活躍を期待する声が上がった。

=2018/09/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]