ふくやが「スケトウダラ供養」 筥崎宮で感謝祭 [福岡県]

スケトウダラの氷柱を見るふくやの川原武浩社長
スケトウダラの氷柱を見るふくやの川原武浩社長
写真を見る

 めんたいこ製造販売のふくや(福岡市博多区)は17日、同市東区の筥崎宮で、めんたいこの原料となる卵巣を採るスケトウダラを供養する感謝祭を開いた。

 自然の恵みに感謝しようと、万物の生命を慈しむ放生会(ほうじょうや)に合わせて毎年開催しており、今回で16回目。この日は約30人の社員が神事に出席し、同社の川原武浩社長ら幹部が玉串を奉納した。来場者にも見てもらおうと、スケトウダラを入れた氷柱を飾った。

 川原社長は「(スケトウダラの)資源が安定して続くようにとの思いを込めた。これからも、お客さまがより食べやすい商品を作っていきたい」と話した。

=2018/09/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]