五ケ山ダム周辺の新施設、来年3月全面開業 キャンプ場など、観光拠点化期待 那珂川町 [福岡県]

五ケ山ダムそばで那珂川町が整備しているキャンプ場
五ケ山ダムそばで那珂川町が整備しているキャンプ場
写真を見る

 那珂川町は27日、五ケ山ダム周辺で整備を進めているキャンプ場や商業施設などについて、来年3月1日に全面オープンすると明らかにした。10月に誕生する「那珂川市」の新しい観光拠点としての役割が期待されている。

 登山や自転車、ダム湖での水上スポーツなども楽しめ、町は一帯を「五ケ山クロス」と命名している。

 中核となるのはキャンプ場と商業施設。キャンプ場はオートキャンプ用の区画や芝生広場などを備える。商業施設ではアウトドア関連商品の販売や飲食などの機能を持たせる。町の総事業費は約10億円。

 町によると、施設の管理運営に当たる業者は決まっていないが、11月ごろまでに選定する方針。業者が運営に習熟するよう、3月より前に一部施設をプレオープンすることも検討している。

=2018/09/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]