櫛田神社浜宮で神輿潔め 23日から博多おくんち [福岡県]

櫛田神社浜宮でみこしを海水で洗い清める氏子たち
櫛田神社浜宮でみこしを海水で洗い清める氏子たち
写真を見る

 五穀豊穣(ごこくほうじょう)に感謝する櫛田神社(福岡市博多区上川端町)の秋季例大祭「博多おくんち」が23日に開幕するのを前に、祭りのみこしを洗い清める「神輿潔(みこしきよ)め」が22日、同区築港本町の櫛田神社浜宮であった。

 みこし運行を担当する神輿町の関係者や氏子各町の総代など約50人が同日夕、白装束姿で櫛田神社を出発。みこしを載せた山車を引きながら、櫛田神社から約2キロ離れた博多港岸壁沿いの浜宮までを練り歩いた。浜宮に到着後は神事の後、海水でぬらした白布で各自思い思いにみこしを磨き、祭り本番に備えた。宰領(運行責任者)の溝口弥さん(72)は「後は決められた通りやるだけ。沿道の人にも見てほしい」と話した。

 博多おくんちは2日間。23日に境内で甘酒無料接待などがあるほか、24日は牛に引かれたみこしや稚児行列などが博多の街をパレードする。

=2018/10/23付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]