朝倉発着・自転車で九州一周の旅 観光協会メンバーら、新コース開拓目指 [福岡県]

自転車で九州一周の旅に出発するあさくら観光協会メンバーら
自転車で九州一周の旅に出発するあさくら観光協会メンバーら
写真を見る

 サイクリングによる観光振興を進めるあさくら観光協会メンバーらが11日から、朝倉市を発着点に、自転車で九州7県を一周する5泊6日の旅を続けている。新たな自転車コースの開拓が目的。旅の様子は毎日、同観光協会のフェイスブックで発信している。

 九州一周の旅は昨年6月に初めて行い、自転車で約590キロを走った。2回目の今年は大分県、宮崎県など時計回りに巡るが、自転車は約400キロとし、残り約250キロは列車に乗るルートを開拓する予定。

 出発した11日は、あさくら観光協会の里川径一事務局長(42)や同協会サイクルコーディネーター山田大五朗さん(40)らが雨の中、朝倉市の甘木鉄道甘木駅前からペダルをこぎ出した。途中参加も含め計10人が走る計画。里川事務局長は「(自転車好きに)追体験してもらえるコースにしたい」。市商工観光課も「朝倉発着の自転車の旅を観光客に提案できる事例になればいい」と話している。

=2018/12/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]