【動画あり】博多の新春彩る芸妓衆 十日恵比須神社に「かち詣り」 [福岡県]

十日恵比須神社の参道を歩く博多券番の芸妓たち=9日、福岡市博多区
十日恵比須神社の参道を歩く博多券番の芸妓たち=9日、福岡市博多区
写真を見る

 商売繁盛などを祈願する正月大祭が開かれている福岡市博多区東公園の十日恵比須(えびす)神社で9日、博多券番の芸妓(げいぎ)衆が歩いて参拝する「かち詣(まい)り」があり、正装の黒紋付きと稲穂のかんざしで着飾った「きれいどころ」のあでやかな姿に、参拝客らが見入った。

 芸妓衆の参拝は昔はかごで行われたが、担ぎ手不足のため1970年以降、徒歩(かち)となった。

 三味線などで博多古謡を奏でる「博多那能津(なのつ)会」が先導。初々しい振り袖姿の半玉(はんぎょく)(見習い)3人を中心に芸妓17人が優雅に歩を進めると、参道は華やいだ雰囲気に。沿道の女性客から「わぁ、かわいい」と感嘆の声が上がった。同区のラーメン店経営、森智美さん(35)は「お化粧とかすごくきれいで、新春からいいものが見られた」と笑顔を見せた。

=2019/01/10付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]