緊急通報「118番」PR 「海猿」大水槽でショー マリンワールド海の中道 [福岡県]

「海猿」たちが海の緊急通報電話番号「118番」をマリンワールド海の中道の大水槽でPRした
「海猿」たちが海の緊急通報電話番号「118番」をマリンワールド海の中道の大水槽でPRした
写真を見る

 第7管区海上保安本部福岡航空基地(福岡市)の機動救難士4人が12日、海の事件や事故を通報する緊急通報用電話番号「118番」をPRするため、福岡市東区の水族館「マリンワールド海の中道」の大水槽で特別ショーを開いた。

 機動救難士は「海猿」と呼ばれ、近年映画でも大ヒット。「118番」の認知度が低いため、毎年1月18日の前後に各地で啓発活動を行っているが、水族館では初めて。

 ショーで海猿たちは水中で1分間以上息を止めたり、20キロの重りを水面まで運んだりと、厳しい訓練で培った高い身体能力を披露。「困っている人がいたら、ほっとけない」という「生態」も紹介され、気を失った人をロープで救出する場面も見せた。

 最後に「海の『もしも』は118番」と記された横断幕を水中で広げ、家族連れらにPRした=写真。日頃は空港からヘリで救難活動に向かう田崎知博隊長は「僕たちの能力を十分アピールできる最高の場所。118番の知名度アップにつながったのでは」と話していた。

=2019/01/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]