厳かに「加冠の儀」 福岡市西区の飯盛神社 [福岡県]

「加冠の儀」で烏帽子をかぶせてもらう参加者
「加冠の儀」で烏帽子をかぶせてもらう参加者
写真を見る

 福岡市西区飯盛の飯盛神社で13、14日、武家の元服式にならって数え年や満年齢で20歳を迎えた人を祝う「加冠の儀」があった。厳粛な雰囲気の中、男女計47人が成人の印の烏帽子(えぼし)をかぶせてもらった。

 男性は直垂(ひたたれ)、女性は水干(すいかん)の装束を身に着けた。家族や参拝者が見守る中、小笠原流同門会福岡菱友会の内田安昭会長(73)が親代わりの因親(ちなみのおや)を務め、式は進んでいった。

 式を終えた糸島市の前田桃花さん(20)は「心を落ち着かせながら、大人になった実感ができた」と話していた。

=2019/01/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]