「光の道」シーズン到来 宮地嶽神社、3月上旬まで [福岡県]

多くの見物客が集まった宮地嶽神社の参道。赤らむ空に期待が膨らんだ=20日午後5時46分、福岡県福津市
多くの見物客が集まった宮地嶽神社の参道。赤らむ空に期待が膨らんだ=20日午後5時46分、福岡県福津市
写真を見る

 福岡県福津市の宮地嶽神社で、玄界灘に向かって延びる参道の上に夕日が沈む「光の道」の季節が訪れた。年に2回、2月と10月の2週間ほど見られる現象。20日も大勢の観光客が温かなオレンジ色に染まりゆく西空を見守った。

 地元では昔から知られていた現象だが、人気グループ「嵐」が出演するCMで取り上げられ、全国区になった。この日は雲が厚く日没の瞬間は見えなかったが、はるばる訪れた観光客たちは切れ間からあふれる残照を惜しむようにシャッターを切っていた。

 神社は3月3日までを「光の道」期間とし、夕日が見える階段への入場整理券を先着400人に配布している。

=2019/02/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]