東福岡高を“味わって” 卒業生の「食」「音楽」一堂に 31日、須崎公園でフェス [福岡県]

「ザ・東フェス」のポスターを手に来場を呼び掛ける内野哲志実行委員長
「ザ・東フェス」のポスターを手に来場を呼び掛ける内野哲志実行委員長
写真を見る

 東福岡高校(福岡市博多区)の卒業生が関わる飲食店が集まる「ザ・東フェス」が31日午前11時から日没の午後6時半ごろまで、福岡市中央区の須崎公園で開かれる。海援隊メンバーの千葉和臣さんなど、卒業生のミュージシャンによるライブも予定。入場無料で、同校関係者以外でも自由に参加できる。

 東福岡高は1955年開校で、卒業生には地元の飲食店経営者も多い。「同窓生や家族、友人が集まりやすい食のイベントを企画したら面白いのでは」と卒業生有志が実行委員会を組織し、2017、18年にフェスを開催したところ、好評だったことから今年は規模を拡大することにした。

 海鮮居酒屋などを運営する「磯貝」、居酒屋やレストランを展開する「益正」など25業者が出店し、500円以下を中心に特別メニューを提供する。

 会場の須崎公園内にある屋外ステージは、海援隊、チューリップ、甲斐バンドなどのメンバーがアマチュア時代に演奏を繰り広げた場所。かつての音楽の“聖地”で、千葉さんのほか、俳優の田口浩正さんのバンドなどが演奏する。実行委員長の内野哲志さん(46)は「東福岡を長年支えてくれた地域を盛り上げたい」と話し、参加を呼び掛けている。

=2019/03/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]