三反園知事が母校で講演 指宿高創立95周年 [鹿児島県]

講演する三反園知事
講演する三反園知事
写真を見る

 鹿児島県の三反園訓(みたぞのさとし)知事は13日、母校の指宿高(指宿市)で講演し、後輩の生徒や教職員ら約300人を前に「夢を持って努力して」とエールを送った。

 三反園知事は同高を1976年に卒業した。講演は同校創立95周年の記念。

 知事は、自身の在京民放の政治記者経験を振り返り「夢や目標を持たないと始まらない。運は努力したところに来る。私もとんとん拍子でここまで来たわけではない」と強調。また「政治家は言葉が大事だ」とも語り、日ごろから言葉を学ぶよう助言していた。

 一方、高校時代の思い出として、野球部で県大会8強入りした話を紹介。生徒からは「知事にとって人生とは何?」などの質問が飛んだ。

=2017/04/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]