政治姿勢、三反園知事答えず 県議会一般質問、報道や議会対応で [鹿児島県]

 6月定例鹿児島県議会は27日の一般質問で、三反園訓(みたぞのさとし)知事の就任以来の報道関係者や県議会に対する政治姿勢が取り上げられたが、知事は正面からは答えず、すれ違いに終わった。

 自民党の小園成美氏は、三反園知事が就任後、報道内容が気に入らないマスコミ関係者を知事室に呼び「放送倫理・番組向上機構(BPO)に訴える」などと発言していると指摘し、その真意をただした。しかし知事は答えず、西啓一郎PR・観光戦略部長が「公正公平な放送がなされていれば何の問題がない」と答弁するにとどまった。

 また小園氏は、知事が3月議会で質問予定だった議員を知事室に呼んだ、とも指摘。その上で「質問についての会話をしたということだが、どういう意図だったのか」と追及した。知事はこの質問にも答弁には立たず、代わりに寺田雅一総務部長が「県議会と県執行部は車の両輪で、知事は機会をとらえ、多くの議員と意見交換している。そのような趣旨だ」と答えた。

 質問終了後、小園氏は取材に「知事自身が答えるべき問題なのに答弁しておらず、不誠実だ」と語った。

=2017/06/28付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]