「敵対関係市町」文書に署名 競い合い相乗効果狙う 出水市と錦江町 [鹿児島県]

敵対宣言署名後ににらみあう両首長(中央の2人)
敵対宣言署名後ににらみあう両首長(中央の2人)
写真を見る

 鹿児島県の南北にある出水市と錦江町が「敵同士」に-。市と町が姉妹都市ならぬ敵対市町の関係を結ぶ署名式が8日あり、両首長が文書を交わした。

 実は、地元まちおこし団体が地域PRのために作ったシナリオの続編。パフォーマンスの「パクリ」を巡って両市町のPRキャラとご当地アイドルが対立しつつ、物産展での特産品バトルや、イベントでの観光地紹介で相乗効果を狙う。

 「本日より正々堂々と戦う」と宣言し、早速にらみ合う両首長に「文書に『本気は駄目』と一文加えるべきでは」と関係者。でも、けんかするほど仲がいいとも言いますので…。

=2018/06/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]