国民民主党鹿児島県連が結成大会 参院選で公認候補の擁立目指す [鹿児島県]

国民民主党鹿児島県連の結成大会で気勢を上げる出席者たち=6月30日、鹿児島市
国民民主党鹿児島県連の結成大会で気勢を上げる出席者たち=6月30日、鹿児島市
写真を見る

 旧民進党が分裂してできた国民民主党の鹿児島県連の結成大会が6月30日、鹿児島市内で開かれ、鹿児島市議の藤田太一氏を県連代表とする役員を選任し、来年の県議選や参院選鹿児島選挙区で公認候補の擁立を目指すことを確認した。

 旧民進党からたもとを分かった立憲民主党の川内博史衆院議員も来賓出席する中、藤田代表はあいさつで「自民党に対抗しうる野党の力を再結集することが任務。民進党の歴史を引き継ぎながら新たな政党名で頑張りたい」と強調した。

 ほかの主な役員には、副代表に、ともに元衆院議員の野間健氏と皆吉稲生氏を、幹事長に鹿児島市議の伊地知紘徳氏を選んだ。

 大会後、伊地知幹事長は参院選の公認候補について具体的な人物が念頭にあるとしつつ「(他の野党との調整など)さまざまなケースが想定される。よりベターな方法で皆さんに伝えたい」と語った。

=2018/07/02 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]