不完全な観光スタンプ 駅を巡り重ね押しで図柄完成 肥薩おれんじ鉄道 [鹿児島県]

4駅でスタンプを重ね押しすると、完成する熊本県の図柄
4駅でスタンプを重ね押しすると、完成する熊本県の図柄
写真を見る

 熊本県八代市と鹿児島県薩摩川内市を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は、両県の主な駅に列車と地域の観光資源を表したスタンプを設置している。いずれも不完全な模様だが、重ね押しすると、各県の図柄が完成する仕掛けだ。

 設置駅は熊本が日奈久温泉、佐敷、津奈木、水俣の4駅、鹿児島は出水、阿久根、川内の3駅。鉄道研究家の冨吉郷太さんがデザインを担当し、例えば水俣は地元のバラ園と不知火海、佐敷は佐敷城跡と鉄砲隊、打瀬(うたせ)船などを表現した。

 「一度押し始めると、必ず全駅を巡りたくなるはず」と同社。利用客増と沿線の活性化につながるか。

=2018/09/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]