明治維新150年、鹿児島で提灯行列 [鹿児島県]

提灯行列の模様
提灯行列の模様
写真を見る

 明治改元から150年を迎えた23日夜、鹿児島市で提灯(ちょうちん)行列があった。市民ら約400人が、市中心部を練り歩き、維新の原動力となった先人たちの偉業に思いをはせた。

 市やNPO法人で構成する団体などの主催。鹿児島の秋を彩る「おはら祭」も1949年に1回目が催された際、戦後初という提灯行列で幕を開けたことから、今回の節目も提灯で祝おうと企画した。

 親子連れなどの参加者は「西郷(せご)どん 大河ドラマ館」をゴールに大久保利通像などを巡った。今年、西郷隆盛ブームに沸く鹿児島県。来年以降も新しい時代を照らす光になれるか。

=2018/10/24付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]