歴史に忠実にしたら…費用増 「御楼門」復元で追加寄付金募集 [鹿児島県]

復元工事が行われている「御楼門」=鹿児島市
復元工事が行われている「御楼門」=鹿児島市
写真を見る

 鹿児島市中心部の鹿児島(鶴丸)城跡で進む御楼門(ごろうもん)の復元事業で、鹿児島県や経済団体などでつくる「鶴丸城御楼門建設協議会」は、史実通りの復元に必要な追加事業費を賄うため5千万円の寄付を呼び掛けている。

 かつて城郭の正面にあった御楼門は高さ18メートル、幅20メートルと推定され、1873(明治6)年の火災で本丸とともに焼失した。

 復元計画は2013年に経済団体が中心となって本格化し、9億円を超す事業費の寄付を募った。これまでに企業や個人から5億4千万円が寄せられ、県や同市も負担した。18年9月に起工し、20年3月に完成予定。復元後は国内最大級の武家門になり、鹿児島のシンボルとなると期待されている。

 御楼門は県指定史跡内に建設されることから文化庁の基準により史実に忠実な復元が求められる。発掘調査や写真解析などを反映し瓦や金物、木工事を見直すため事業費が1億8千万円膨らむことになった。

 棟の端などに設置される鬼瓦も、当初は他の城郭でも使われる家紋入りの「鬼板瓦」だったが、発掘調査で出土した9割が鬼の顔をかたどった「鬼面瓦」だったため、職人の手作業で19枚作ることに変更された。

 協議会は5千万円を寄付で賄い、残りを県の新年度予算に盛り込む方向で調整している。寄付の締め切りは、完成予定の来年3月31日。個人・グループが千円以上、法人・団体が10万円以上を求め、寄付者らが瓦に名前を記入するイベントも検討している。協議会は「史実として出てきた物を生かし、後世に残る物を作りたい」と話している。問い合わせは協議会事務局=099(286)2506。

 

=2019/02/01 西日本新聞=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]