猛将義弘没後400年PR 日置市が武将隊 [鹿児島県]

JR伊集院駅前にある島津義弘像の前で結成をPRする「ひおきPR武将隊」
JR伊集院駅前にある島津義弘像の前で結成をPRする「ひおきPR武将隊」
写真を見る

 薩摩の武将、島津義弘ゆかりの鹿児島県日置市は、職員9人が義弘らに扮(ふん)する「ひおきPR武将隊」を結成した。没後400年の今年、各地で予定する記念イベントなどに“出陣”して盛り上げる。

 義弘は朝鮮出兵や関ケ原の戦いの武勇伝で知られる「猛将」。日置市はこの義弘ら島津4兄弟の出身地で、義弘を祭る徳重神社など史跡も多い。市は今年、よろいかぶと姿でのまち歩き体験やチャンバラ合戦を計画、「戦国島津のまち」のイメージを前面に打ち出し、観光客誘致を図る。担当者は「戦国ファンに魅力的なまちとして日置の名を全国にとどろかせます」。

=2019/04/04付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]