【街みらい】北九州市政点検 響灘を洋上風力発電の総合拠点化 部品メーカーや専用船誘致、人材育成

埋め立てが進む風車組み立て専用エリア(中央)
埋め立てが進む風車組み立て専用エリア(中央)
写真を見る
五洋建設が所有する特殊作業船のイメージ図
五洋建設が所有する特殊作業船のイメージ図
写真を見る
写真を見る

 北九州市長選を巡り、現職の北橋健治氏(65)は、自らの多選自粛の政治信念を覆し、4選立候補を決めた理由の一つに「洋上風力発電の総合拠点化に道筋をつけたいため」と説明している。若松区響灘地区に、40基超の洋上風車を設置するだけでなく、港湾部に組み立て基地を整備。洋上設置に必要な特殊作業船の母港化、メンテナンス人材の育成なども進める構想だ。その先には、一般海域と呼ばれるさらに沖合への風車設置も念頭にある。

 現計画では、九州電力子会社や電源開発などで作る「ひびきウインドエナジー」社が、響灘地区北側の約2700ヘクタール(水深20メートルほど)の海域=イラスト参照=に、約1750億円を投じ総出力22万キロワットに及ぶ海底着床式の風車を設置。2017年8月から環境アセスメントが始まり、着工見込みは22年度からで順次稼働させる。実現すれば、国内最大規模となる。

   ◆    ◆

 この動きを念頭に、産業集積が始まっている。

 風車の部品数は1万~2万点に及ぶとされ、市は響灘地区への主要部品メーカーの誘致に力を注ぐ。既にベアリングメーカー「日本ロバロ」や、メンテナンス会社「北拓」が進出し、活動を始めている。今後も、部品メーカーや物流拠点の進出が予定されている。

 一方で市は新年度から、響灘地区の埋め立て地約6ヘクタールに風車を組み立てる専用エリアを3年計画で整備する。総重量が1基約900トンに上る風車を一定程度組み立て、特殊作業船に積み込める地盤強化が柱だ。約30億円に上る費用は、2700ヘクタールの海域の使用料収入などで賄う計画という。

 日本で数少ない特殊作業船誘致も実現。所有する五洋建設は2月から、北九州港をメンテナンス拠点などとする母港に位置付ける。

 風車は20年以上にわたって運転を続けることから、100メートル前後の高さがある風車内を上り下りしてメンテナンスする人材も不可欠。将来的には、地元雇用が数百人規模で必要となる。

 このような総合拠点化を進めることで、北九州周辺にとどまらず佐賀、長崎など西日本エリアへの供給基地となることを目指す。

   ◆    ◆

 昨年12月に閉会した臨時国会で、一般海域でも洋上風力ファームを広範囲に展開できるようにする関連法案が可決された。漁業関係者らと調整し、国が全国の海域で「促進地域」を指定。一定のルールを設け、参入を促す新たな仕組みだ。

 国も18年度から、響灘の一般海域での風車設置を見据え、風況や海流などの調査に着手している。北九州地域が再生可能エネルギーの一大拠点となる可能性を秘めている。

=2019/01/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]