水産加工会社社長の秋武氏が出馬表明 北九州市長選、3人目

秋武政道氏
秋武政道氏
写真を見る

 13日告示、27日投開票の北九州市長選に、同市門司区の水産加工会社社長、秋武政道氏(58)が8日、無所属での立候補を表明した。秋武氏は同市出身。早稲田大卒業後、家業を継いだ。2000年ごろから門司港のバナナのたたき売りをPRするキャラクター「バナナマン」に扮(ふん)するなど、街づくり活動に携わる。

 市役所で記者会見した秋武氏は「多選批判していた現職が4選に出る。現職では物足りないと考える地場の経営者もいる。保守系の若い対抗馬が現れなかったので、私がその思いを伝えたいと思った」と立候補に至った経緯を説明した。

 市長選を巡っては、現職の北橋健治氏(65)と、共産党福岡県委員会常任委員の新人永田浩一氏(53)が、いずれも無所属での立候補を表明している。

=2019/01/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]