熊本城“荒療治”に耐え 復元工事を公開 [熊本県]

解体に向けた工事の様子が透けて見えるシートで囲われた熊本城大天守
解体に向けた工事の様子が透けて見えるシートで囲われた熊本城大天守
写真を見る
報道陣に公開された熊本城の飯田丸五階櫓
報道陣に公開された熊本城の飯田丸五階櫓
写真を見る
大天守の復旧作業に当たる作業員たち
大天守の復旧作業に当たる作業員たち
写真を見る
天守閣前広場につながる工事用スロープ(左)の脇には崩れた石垣が残る
天守閣前広場につながる工事用スロープ(左)の脇には崩れた石垣が残る
写真を見る
大天守の解体工事に伴い取り外された屋根瓦
大天守の解体工事に伴い取り外された屋根瓦
写真を見る

 満身創痍(そうい)の姿は痛々しくも、荒療治にじっと耐えるたくましさを見る者に感じさせる。熊本城の大天守は工事用の足場に囲われ、「一本足」の石垣が支える飯田丸五階櫓(やぐら)は倒壊を防ぐための鉄骨がむきだしとなっていた。19日、報道陣に公開された立ち入り禁止エリアを歩いた。

=2017/05/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]