西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

日奈久小に洋式トイレ 小林製薬が寄贈 全国で100校目 [熊本県]

ぴかぴかの洋式トイレを見学する日奈久小の児童たち
ぴかぴかの洋式トイレを見学する日奈久小の児童たち
写真を見る

 築約40年の校舎で全てのトイレが和式だった八代市日奈久竹之内町の日奈久小(寺田佐誉子校長、72人)に、男女1基ずつの洋式トイレが設置された。小林製薬(大阪市)が全国の小学校に洋式トイレを贈る事業の一環で、日奈久小はちょうど100校目。3日、同小で贈呈式があった。

 児童を前に小林章浩社長は「学校でもおうちでもトイレをきれいに使って」とあいさつ。児童を代表して6年上原礼(あや)さん(11)が「洋式トイレに感謝して大切に使います」とお礼を述べた。

 同社社員による排便の大切さを学ぶ特別授業を受けた児童たちは、配管や床面も取り換えられた、ぴかぴかの洋式トイレを見学して喜んでいた。

=2017/10/09付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]