水俣病事件研究交流集会が閉幕 水銀汚染多角的に議論 坂本しのぶさん「私の言葉伝わった」 カナダ先住民居留地の浄化対策報告 [熊本県]

胎児性患者の坂本しのぶさんらが報告した「水俣病事件研究交流集会」
胎児性患者の坂本しのぶさんらが報告した「水俣病事件研究交流集会」
写真を見る

 全国の水俣病研究者や医師、支援者たちが意見を交わす「第13回水俣病事件研究交流集会」(実行委員会主催)は最終日の7日、水俣市の市公民館で、胎児性患者の坂本しのぶさんらの報告があった。カナダの先住民居留地で起きた水銀汚染に関する現状や、熊本学園大水俣学研究センターの活動を伝える発表もあり、「終わらない水俣病」を取り巻く課題の整理を中心に議論を深めた。

 昨年9月にスイスで開かれた「水銀に関する水俣条約」第1回締約国会議に参加し、水銀被害の根絶を訴えた坂本さんは「私の言葉が伝わったと思う」と話した。付き添った支援者の谷由布さんは「いろんな人と会う機会が得られ、充実した10日間だった」と振り返った。

 カナダ先住民の水銀被害を研究する和光大(東京)の森下直紀講師(環境学)は、現地の州政府が昨年6月、汚染した河川の浄化に10年間で計約76億円の資金拠出を決定したことを報告。厳しい環境基準を設けて環境回復を図る計画も紹介し、「健康被害の判断基準の改善も含め、今後の動きを注視していきたい」と語った。

 集会後には、水俣病の認定基準を国の現行基準より幅広くとらえて、新潟水俣病の認定申請を棄却された9人全員を患者認定するよう命じた昨年11月の東京高裁判決を踏まえた会合も市公民館であった。

 高島章弁護団長は「1人でも認定患者を多く勝ち取ることが課題。この判決を具体的な成果につなげるため協力したい」と強調。訴訟支援団体事務局の萩野直路さんは「今回の判決で訴訟のハードルが下がった。訴訟の輪を広げて、国の現行基準の見直しを求めていきたい」と述べ、活動への期待感を語った。会合を主催した水俣病被害者・支援者連絡会は、環境省や県への働き掛けを強める考えを示した。

=2018/01/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]