八代で二つの「雛祭り」 10日から中心商店街と日奈久温泉街 期間限定スイーツも [熊本県]

二つのひな祭りイベントに来場を呼びかける女性たち
二つのひな祭りイベントに来場を呼びかける女性たち
写真を見る

 第16回「城下町『やつしろ』のお雛(ひな)祭り」が八代市本町1~3丁目と通町の中心商店街で、第9回「ひなぐ雛祭り」が同市の日奈久温泉街一帯で、いずれも10日(土)~3月4日(日)に開催される。市内19カ所で期間限定の「お雛ランチ・スイーツ」が登場するほか、商店街19カ所と温泉街1カ所で多彩な手作り体験教室もある。

 「城下町『やつしろ』のお雛祭り」は、4商店街にひな飾り会場を設置。千代紙人形千体や紅白のもち花、さげもん、ひな山など、それぞれ工夫を凝らした飾り付けで迎える。10日午前11時から本町2丁目イベント広場である開幕行事では、琴や太鼓演奏、甘酒とぜんざいの振る舞い、エコバッグ無料配布(先着200人)などがある。24日(土)、25日(日)は市内4流派の茶会を催す。

 「ひなぐ雛祭り」は10日午後3時、かぐや姫にちなんだ行列を迎える「雛迎えの儀」で開幕。メイン行事の「雛送りの儀」がある25日は恒例のおかみカフェ、うまかもん市、古布市、路地裏散策などがあり、肥薩おれんじ鉄道が全線大人300円、子供100円で乗れる「感謝デー」も行う。

=2018/02/09付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]