議場に乳児問題、異例のスピード対応 熊本市議会、4カ月で規則を改正 [熊本県]

 熊本市議会は12日、会議中は乳児を連れての出席を認めないルールを、会議規則をわざわざ改正して定めた。議員活動と子育てが両立できる環境の整備を訴える緒方夕佳市議(42)が昨年11月、子連れで議場に現れ、問題提起をしてからわずか4カ月。旧態依然として改革が進まないことが目立つ市議会としては、“異例”のスピード対応と言っていいだろう。

 今回の改正については「議場への乳児連れ込みの是非」に問題を矮小(わいしょう)化しているようにも見える。一方で、託児所設置やベビーシッターの配置など、具体的な議論は進んでいない。市議会の今回の対応はむしろ「女性や子育て中の議員の活躍に前向きではない議会」との印象だけを市民に与えるのではないか。

 子連れでの出席を強行した緒方市議の行動には、市民に批判的な意見もある。議会事務局には、一連の行動に対する意見が1月上旬までに計620件寄せられたという。支持332件に対し、不支持276件。議会での協議を経ない唐突な行為に対し、「やり方が間違っている」とする指摘はもっともだろうとは思う。

 かといって、会議規則の改正を主導した自民党市議団も「育児しながら議員活動しやすい環境づくりの協議は続ける」と説明するだけで、具体的な動きは見えない。全国に先駆けた知恵を出せるのか、問題の本質を見誤ったままなのか。熊本市議会の本気度が試される。

=2018/03/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]