多様な性認め合おう 1日に熊本市で啓発パレード [熊本県]

 心と体の性が一致しないトランスジェンダーや同性愛者など、さまざまな性を認め合うことを呼び掛けるイベント「レインボーパレードくまもと2018」が1日、熊本市中心部で開催される。実行委員会は「当事者の存在を身近に感じてもらい、誰もが自分らしく生きられる熊本にしたい」としている。

 当事者や支援者らでつくる「くまにじ」が昨年末~今年2月に、当事者274人を対象に実施した調査では、「性的少数者(LGBT)であることで今までに困ったことがあるか」との問い(複数回答可)について、「メンタル面」「家族や親族との関係」「職場や仕事」「友人関係」と答えた人がいずれも約半数に上り、多くの当事者が周囲との関係に悩みを抱えやすい実態が明らかになった。

 熊本でのパレードは16年秋に続き2回目。1日は午後2時に熊本市中央区の辛島公園に集合。同3時に出発し、中心部のアーケードを抜けて白川公園でゴールする。

=2018/04/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]