ゲンジボタル乱舞 「保護条例」制定の芦北町・内野川 [熊本県]

芦北町大川内の内野川で飛び交うゲンジボタル
芦北町大川内の内野川で飛び交うゲンジボタル
写真を見る

 県内でも珍しい「ほたる保護条例」を制定している芦北町の内野川で12日夜、ゲンジボタルの乱舞が見られた。町からホタルの保護監視員を委嘱されている近くの吉川慶弓さん(68)によると、例年通りなら内野川では15日ごろにピークを迎えるという。

 今年は例年より出現が遅れていたものの、12日午後8時前には50~80匹が幻想的な色を放って飛び交った。吉川さんは「内野川のゲンジボタルは九州でも最も早い時期に見頃を迎えると言われている。貴重な自然を守っていきたい」と話していた。

=2018/05/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]