熊本市施設のブロック塀107カ所異常 学校は51校・園 緊急点検 [熊本県]

 熊本市は2日、大阪府北部地震を受けて学校等を除く公共施設1210施設のブロック塀などを緊急点検した結果、99施設107カ所でひび割れや老朽化などの異常が見つかったと発表した。うち詳細調査が必要なブロック塀は52カ所で、危険と判断した場合は撤去する方針。

 一方、熊本市教育委員会の調査で、危険もしくは安全性が確認できないブロック塀が見つかった学校施設は、144校・園のうち51校・園になった。市教委は解体や改修を進める。

=2018/07/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]