インスタ映え「芸術ソフト」話題に 社長はアイス一筋40年 [熊本県]

ついんスターの芸術ソフト。後ろにはインスタ映えする“駅の看板”もある
ついんスターの芸術ソフト。後ろにはインスタ映えする“駅の看板”もある
写真を見る
ついんスターのアイスクリーム。カップのアイスやアイスキャンディー、果実のくり抜きアイスなど多彩
ついんスターのアイスクリーム。カップのアイスやアイスキャンディー、果実のくり抜きアイスなど多彩
写真を見る

 独創的な形は、まさに「ソフトクリームの王様」。さっぱりとした牛乳の味が癖になる。

 菊池市のアイスクリーム専門工房ついんスターの人気商品「芸術ソフト」。地元酪農家の朝搾り牛乳を使った味もさることながら、王冠のような形が「インスタ映えする」と話題だ。

 「どこにもない形を作りたかった。イメージは滴」と語るのは、企画・製造を手掛ける芳賀祐司社長(61)。乳業会社でのアイス開発担当を経て、2000年1月に起業した。

 芸術ソフトは季節ごとに味を変えている。夏は淡泊に、冬は濃厚に。気温の変化に応じて、食べやすい甘さも変わるからだという。

 1日平均約500人が訪れる店内には、県産のイチゴやメロンなどを使ったアイスクリームが40種類以上。全国の同業者の依頼を受けて、年間200種類ものアイスを生み出す。

 「お客さんが食べたいものを常に考えている」と笑う芳賀さん。アイス一筋40年。メモ帳が手放せない日々が続く。

   ◇    ◇

 芸術ソフト 340円。営業は午前9時~午後6時半。木曜定休(祝日は営業)。今月25日は臨時休業。ついんスター=0968(37)4556、菊池市旭志麓1584の4。

=2018/08/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]