闇に浮かぶ黄金の輝き 小国町・下城の大イチョウ [熊本県]

ライトアップが始まった小国町下城の大イチョウ
ライトアップが始まった小国町下城の大イチョウ
写真を見る

 国の天然記念物にも指定されている小国町下城の大イチョウが色づき、ライトアップされている。

 樹齢は千年を超えるとされ、幹回り12メートル、高さ25メートル。県内最大級のイチョウで、醍醐天皇の孫娘と清少納言の兄の悲恋伝説も伝わる。日が暮れ明かりがともると、闇の中に両手を広げたような枝ぶりが黄金色に照らし出され、幻想的な雰囲気に包まれる。

 ライトアップは11月12日までの午後6~10時。阿蘇-日田間を結ぶ国道212号沿いにある。

=2018/10/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]