風刺漫画で平成回顧 湯前町のまんが美術館 [熊本県]

平成の世相を反映した風刺画が並ぶ湯前まんが美術館展示室
平成の世相を反映した風刺画が並ぶ湯前まんが美術館展示室
写真を見る
第12回(平成15年)の佳作「おたがいさま」
第12回(平成15年)の佳作「おたがいさま」
写真を見る

 湯前町の湯前まんが美術館で開かれている「風刺漫画回顧展~風刺漫画平成史」。1992(平成4)年から同美術館が毎年開催してきた「那須良輔風刺漫画大賞」の入賞作約120点を展示しており、ウイットに富んだ視点で、平成時代を振り返ることができる。

 同美術館は、町内出身の漫画家、那須氏の顕彰などを目的に92年に開館。毎年、風刺漫画の公募展を開催してきた。

 回顧展の作品は、政治や自然破壊などの社会問題から、愛犬の散歩やダイエットなど身近な話題までテーマも多彩。世相を風刺したユニークな一点一点から、時代の移り変わりを感じることができる。

 11日には同美術館周辺一帯で「ゆのまえ漫画フェスタ」も開催。アニメ主題歌を歌い人気の喜多修平さんと佐咲紗花さんのライブや、人気漫画家や俳優のトークショーなどがある。地元産和牛など地場産品のバザーも開かれる。

 回顧展は、来年1月6日までで、入場料は高校生以上300円、小・中学生は100円。同美術館=0966(43)2050。漫画フェスタの問い合わせは町企画観光課=0966(43)4111。

=2018/11/08付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]