高校生が考案、駅前にイルミネーション “インスタ映え”狙う 大津町 [熊本県]

考案したイルミネーションの点灯に笑顔を見せる高校生たち
考案したイルミネーションの点灯に笑顔を見せる高校生たち
写真を見る

 大津町のJR肥後大津駅前に、地元の高校生が考案したイルミネーションが登場した。ピンクと白色の発光ダイオード(LED)6千個をハートやツリーの形に組み合わせ、来年2月末まで毎日午後5~10時、優しい光で駅前を彩る。

 駅周辺の商店主らが、若者のアイデアを町の活性化に生かしたいと、大津高と翔陽高に依頼し、両校の男女6人が考案した。町花のツツジにちなんで主にピンク色を使い、“インスタ映え”するスポットになるようイメージしたという。

 16日あった点灯式で、大津高3年の黒木貴蘭(きらん)さん(18)は「限られた空間で、目に留めてもらえる工夫が難しかった。見る人に喜んでもらえたら」と笑顔を見せた。

=2018/11/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]