「Hit-Biz」12月17日開所 人吉市の創業支援施設 記念イベントで利用呼び掛け [熊本県]

Hit‐Bizの利用を呼び掛ける秋山真一センター長(右)ら
Hit‐Bizの利用を呼び掛ける秋山真一センター長(右)ら
写真を見る

 人吉市の中小企業、創業支援施設「人吉しごとサポートセンター(Hit-Biz)」が12月17日に開所することになり、市主催の記念イベントが27日、人吉商工会議所で開かれた。

 同センターは、静岡県富士市が開設した「富士市産業支援センター」をモデルとしており、相談無料。具体的で費用が掛からない起業や商品開発のアイデアを提案して成果を挙げており、全国で開設が相次いでいる。県内では天草市に続き2カ所目。

 記念イベントでは、富士市の小出宗昭センター長と、岡崎ビジネスサポートセンター(愛知県)の秋元祥治センター長が、イチゴ農家のブランド化や紡績関連企業のヒット商品開発など、支援の成果を紹介。Hit-Bizのセンター長に就任する元日航社員の松山真一氏も加わり、センターの利用を呼び掛けた。

 Hit-Bizでは、センター長として公募で選んだ男性を、能力や意欲不足を理由に解雇。人選をやり直したため、7月に予定していた開設がずれ込んでいた。

=2018/11/29付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]