「かっこいい」ルフィ像にファンら興奮 県庁で除幕式 [熊本県]

県庁プロムナードにお目見えしたルフィの等身大の銅像
県庁プロムナードにお目見えしたルフィの等身大の銅像
写真を見る
大勢のファンらがルフィ像を取り囲み写真に収めていた
大勢のファンらがルフィ像を取り囲み写真に収めていた
写真を見る
除幕式にルフィのコスプレで登場するくまモン
除幕式にルフィのコスプレで登場するくまモン
写真を見る
ルフィの足元には作者尾田栄一郎さんの手形も
ルフィの足元には作者尾田栄一郎さんの手形も
写真を見る

 ルフィ像がお披露目された30日、熊本市の県庁プロムナードには公開を待ちわびた大勢のファンが駆け付け、等身大のヒーローとの対面を喜んだ。ルフィに扮(ふん)したファンが除幕式を盛り上げたり、麦わらの一味の海賊旗が庁舎の屋上に掲げられたりと、県庁は「ONE PIECE(ワンピース)」色に染まった。

 式では「ワンピース」の作者尾田栄一郎さんの母校・東海大熊本星翔高の吹奏楽部が、ファンファーレやワンピースの主題歌などを演奏。佐々木穂花(ほのか)部長(18)は「この場で演奏できるのは尾田さんと縁があったからこそ。貴重な経験だとかみしめながら感謝の気持ちを持ってみんなで練習しました」。部員の内田ほのかさん(18)も「像はこれから先ずっと残るもの。大事なイベントに参加できて良い思い出になりました」と笑顔だった。

 お披露目初日に像をひと目見ようと県外からやってきた人も。佐賀市の大学3年尾野建太さん(21)はツイッターで情報を得て駆け付けた。「表情もリアルにできていて本物のルフィがいるみたい。自分と同い年の漫画が熊本の復興を支えていくと思うと感動です」と声を弾ませた。

 手作りのルフィの衣装を着て除幕を祝った熊本市東区の小学3年岡本心美(みみ)ちゃん(8)は「かっこいい」と興奮。母美春さん(36)は「世界中の人と熊本をつないでほしい」と期待を膨らませた。

=2018/12/01付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]