八代トマトをパスタでPR 1月末まで食べ歩きスタンプラリー 八代市と氷川町の19店 [熊本県]

スタンプラリーのリーフレット
スタンプラリーのリーフレット
写真を見る

 日本一のトマト生産量を誇る八代地域の食の魅力を発信しようと、県県南広域本部は八代市と氷川町の飲食店計19店舗で、地元産トマトを使ったパスタ料理の食べ歩きスタンプラリー「やっちろ真っ赤なパスタ祭り2018」を実施している。来年1月末まで。

 地元産トマトだけで作ったソースや、トマトを練り込んだ自家製麺、チキンブイヨンで煮込んだトマトを丸ごと載せたパスタなど、各店が工夫を凝らしている。特産のもち米粉で作った麺など、トマト以外にも地元産を生かした店もある。県南広域本部は「八代といえばトマトパスタ、と思ってもらえるぐらいに定着してほしい」としている。

 スタンプ台紙を兼ねた応募はがきが、参加店にあるリーフレットに付いている。全店制覇は参加店の食事券(1万円相当)と八代産トマト加工品(同)=1人▽スタンプ8個以上は食事券(同)=2人-など、スタンプ数に応じて抽選で賞品が当たる。

=2018/12/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]