通勤通学列車を増結 肥薩おれんじ鉄道 3月から、乗り換えの改善も [熊本県]

 八代市と鹿児島県薩摩川内市を結ぶ肥薩おれんじ鉄道は、3月16日からのダイヤ改正を発表した。通勤通学時間帯の列車1便を1両から2両編成にしたり、JR九州との乗り換え時間を改善したりして利便性の向上を図る。

 2両編成になるのは八代駅に午前8時14分着の上り便で、車内の混雑緩和を図る。乗り換え時間の改善では、発着時刻をずらし、八代でJRからの乗り換え時間が4分しかなかった1便を7分に、出水で新幹線への乗り換え時間が5分しかなかった1便を10分にそれぞれ延ばす。

 また、土・日・祝日に運行している快速列車の八代-熊本と川内-鹿児島中央のJR区間への乗り入れを経費削減のため休止。JRとの接続のため、上下8便のうち4便のダイヤを変更する。

=2019/01/07付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]