ルフィの仲間像8体、県が配置4案 タイトルは「『ヒノ国』復興編」 [熊本県]

写真を見る

 熊本地震の被災地に人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公ルフィの仲間8キャラクターの像を設置する計画を巡り、県は19日、地震被害の大きい益城町や南阿蘇村などを設置場所とする配置案4案を示した。県内31市町村が51の設置場所案を寄せていたが、10市町村に絞り込んだ。両町村と熊本市の計3市町村はいずれの案にも入り、設置がほぼ確実な見通しとなった。

 県によると、4案に入ったのは3市町村のほか、西原村▽阿蘇市▽大津町▽高森町▽御船町▽宇城市▽宇土市。

 4案のうちA案は市町村の提案に沿い、B案は地震の記憶や教訓を伝える県の「震災ミュージアム構想」との連携を重視。C、D案は県が8キャラの特徴が生かせるように、一部は市町村側に希望とは違うキャラや設置場所を“逆提案”するなどして決めた。

 また、県は8キャラの像配置のタイトルを「麦わらの一味『ヒノ国』復興編」とし、熊本こと「ヒノ国」に上陸した8キャラが被災地にエールを送る-とのストーリーも決めた。

 県担当者は「訪日外国人客も訪れやすいように設置場所同士が移動しやすく、熊本空港からも近いことなどを重視した」と説明。今後、4案から1案に絞った上で発行元の集英社とも協議し、4月中旬に設置場所を発表する。

=2019/03/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]