国内最大級テント、空気で設営 災害時の一時避難所にも

 小型衛星などを製造する「エイ・イー・エス」が開発した、空気で膨らませる国内最大級のテント。大型バス数台が格納できる規模がある=20日午後、茨城県つくば市(魚眼レンズ使用)
小型衛星などを製造する「エイ・イー・エス」が開発した、空気で膨らませる国内最大級のテント。大型バス数台が格納できる規模がある=20日午後、茨城県つくば市(魚眼レンズ使用)
写真を見る

 小型衛星などを製造する「エイ・イー・エス」(東京)が、空気で膨らませて設営する国内最大級のテントを開発し、茨城県つくば市で20日、公開した。大型バス数台が格納できる規模で、災害時の一時避難所にも利用できる。

 同社によると、テントは高さ11・5メートル、幅14・5メートル、奥行き29・4メートル。床面積は約220平方メートルと広く、風速10メートルまで耐えられる。機械で送風すると、しぼんだ状態から15分で膨らむ。

 飛行船に使う厚さ0・1ミリ以下の丈夫で軽い生地を採用。土砂崩れなどで孤立した場所に搬入して利用することなどを想定している。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]