新選組、蛤御門の変で豪農宅宿陣 日記で判明

 発見された日記の「新選組」と書かれた部分
発見された日記の「新選組」と書かれた部分
写真を見る

 幕末の「蛤御門の変」(1864年)で、新選組が京都の南の玄関口だった東九条村(京都市南区)の豪農宅に宿陣し、周辺でも戦闘を繰り広げていたことが、豪農宅から発見された日記で分かった。18日、京都女子大の中村武生非常勤講師(幕末政治史)らが発表した。

 これまでは村から数百メートル南の九条河原で野営していたと考えられていた。中村講師によると、蛤御門の変で、陣があった場所など新選組の具体的な動きが明らかになるのは初めて。

 日記は同村にあった長谷川家住宅(国登録有形文化財)から2015年に発見された。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]