西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

坂本龍馬、桂小五郎に敗れる 幻の剣術大会、新史料か

 坂本龍馬が剣術大会で桂小五郎に敗れたことを記す史料(群馬県立文書館所蔵)
坂本龍馬が剣術大会で桂小五郎に敗れたことを記す史料(群馬県立文書館所蔵)
写真を見る

 坂本龍馬と桂小五郎(後の木戸孝允)が対決―。幕末志士の両者が1857(安政4)年3月1日、江戸・鍛冶橋の土佐藩上屋敷で催された剣術大会で対戦し、2対3で龍馬が敗れたと記録する史料が、前橋市の群馬県立文書館に保管されていることが30日、分かった。歴史研究家あさくらゆうさん(48)が存在を確認した。

 藩主山内豊信(後の容堂)の上覧試合とされた大会を巡っては、これまでも複数の史料の存在が伝えられているが、いずれも「偽書」というのが定説。山内家の日記などにも記録はなく、大会そのものが作り話とされてきた。今回の史料で改めて大会の存在について議論が起きそうだ。

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]