西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

太刀山美樹のちょこっと体操 おなか回りに刺激を

(1)-1 息を吸いながら、おなかを膨らませる
(1)-1 息を吸いながら、おなかを膨らませる
写真を見る
(1)-2 息を吐きながら、おなかへこませる
(1)-2 息を吐きながら、おなかへこませる
写真を見る
(3)上半身を左右にスライドさせる
(3)上半身を左右にスライドさせる
写真を見る
(4)右肘を左膝に近づける
(4)右肘を左膝に近づける
写真を見る

 「年齢とともにおなかへの肉の付き方が変わる」-とはよく言いますが、年齢を重ねてそれを実感する人が多いようです。今回はおなか回りに刺激を与える体操です。体の軸のトレーニングにもつながります。軸を鍛えることで、スムーズに体を動かせるようになり、運動効果もより高まります。

 (1)足を肩幅に開いて立ちます。両手をおなかの上に置いて、腹式呼吸で大きく息を吸いましょう。ゆっくりと8拍、心の中で数えます。このとき、おなかは膨らんでいきます。次に4拍分、息を止め、8拍かけて、息を吐きながらおなかをへこませます。息を全部吐いてしまいましょう。

 (2)両手をおなかに置いたまま「ふっふっふっ」と短く力強く、息を吐き出します。息を吐く合間に素早く吸うのですが、吐くことに意識を集中しておけば、自然と吸えます。おなかがぺこぺことへこむのを感じてください。30拍を2セット行います。

 (3)おなかに力を入れたまま、上半身をまっすぐに伸ばします。下半身は動かさず、上半身のみ左にスライドさせます。元に戻したら次は右方向に動かします。左右交互にやってみましょう。

 (4)上半身を前に倒しながら、右肘で左膝にタッチします。一度体を起こして、今度は左肘で右膝にタッチ。交互に繰り返します。タッチが難しければ近づけるだけでも構いません。

 (3)と(4)は16拍ずつ、数回やってみてください。
 これらの動きは、音楽に合わせて歌いながらやるともっと楽しいです。楽しむことは、運動を続ける上で大切ですね。

   ◇   ◇

 太刀山美樹(たちやま・みき) 1967年生まれ。子どもの運動塾MIKI・ファニット(福岡市)代表取締役。大学講師などの傍ら、九大大学院で勉強中。太刀山美樹オフィシャルサイトはこちら

=2017/11/10付 西日本新聞朝刊(生活面)=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]